スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.08.20 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    関係者も衝撃!台湾のAKBオーディション 合格者1名の予定が予想外の17人に

    0
      元ネタ : 【芸能】 AKB台湾オーディション17人合格のワケ・・・TPE48発足の足がかりに
      http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440039025/

      影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/[ageteoff] 2015/08/20(木) 11:50:25.01 ID:???*.net
      今月7日、AKB48が実施した台湾オーディションに11〜21歳までの17人が合格した。
      運営側は当初1人を想定していたが、総合プロデューサー秋元康氏が願い出て合格者は予定を大幅に上回った。
      彼女たちを審査した秋元氏は「みんな屈託の無い笑顔だった」と総括した。

      現地でオーディションを取材した後、運営側の幹部やスタッフに話を聞くと「発表されるまで1人だと思っていた。多くとも3〜5人ぐらいの予定だった」
      「鍛えるためにも話題を集中させるためにも1人という話だった。合格者が日本の生活でホームシックにならないよう2人という案もあった」と一様に驚きを隠さなかった。

      人数が17人に膨らんだ背景にあるのは、台湾版姉妹グループ「TPE48」の存在。
      2011年に「12年夏に発足」という公式アナウンスがあったが、延期されて以降、情報は途絶えた。
      ここに来て運営側は「TPE48は準備中」と明言。台湾オーディションを足がかりに、TPE発足に弾みをつけたい思惑が見え隠れする。

      ファン層拡大という点もある。国内はAKBを追ってアイドルが乱立し、飽和状態。そうした状況を打破するためにも、海外に目を向ける必要がある。
      特に台湾は台北市にAKBの公式ショップがあり、地元紙も選抜総選挙の結果を大々的に報道。

      現地の台湾人スタッフによると、K―POP色の強いガールズグループが主流で、AKBのような日本スタイルのアイドルグループはない。
      渡辺麻友らが訪台した時にはファンが熱烈に歓迎し、女性ファッション誌の専属モデルを務める小嶋陽菜の支持も高い。

      台湾人メンバーが加入することによって、AKB人気に拍車がかかりそうだ。

      17人の合格者は、一卵性の美人双子姉妹や度胸満点の元子役、乃木坂46白石麻衣似の美女などキャラクターが豊富。
      当面は歌や踊りのレッスンを台湾で受け、再度選考を経て、12月をめどに初の外国人メンバーとしてAKBに合流する見通し。

      来年以降は、握手会のケータリングに台湾料理が大幅に増えているのだろうか。それを楽しみにしている食いしん坊な現役メンバーもいるとかいないとか…。
      http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/08/20/kiji/K20150820010970140.html


      続きを読む >>

      夏のドラマで「HEAT」だけが低視聴率から脱却できない理由は、演技力より脚本のセンスか?

      0
        元ネタ : 【ドラマ】「恋仲」と「デスノート」の浮上に対し「HEAT」が悪評を“火消し”できない理由
        http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440036611/

        忍次郎 ★@\(^o^)/ 2015/08/20(木) 11:10:11.02 ID:???*.net
         今期の夏ドラマで最も話題をさらっている作品3つといえば、月9ドラマの復権を懸けた「恋仲」(フジテレビ系)、
        人気マンガのドラマ化である「デスノート」(日本テレビ系)、そして消防庁の全面協力を受ける「HEAT」(フジテレビ系)である。

         この3作品とも前評判や、放送当初の話題性にはかなり厳しいものがあった。
        だが回を重ねるにつれ、「恋仲」と「デスノート」は視聴率も回復し、注目を浴びるようになっている。

         一方で唯一、「HEAT」だけが世間の悪評を払拭できていない。
        それどころか、21世紀における史上最低視聴率もマークしてしまい、「恋仲」や「デスノート」との格差は広がるばかりだ。

         そんな「HEAT」の不人気に関して、主演を務めるEXILE・AKIRAの責任を問う声は日増しに大きくなっている。
        だがその見方に異を唱えるのは、ドラマ鑑賞歴30年のテレビ誌ライターだ。

        「もちろん、ある程度は演技力も影響しますけど。
        それよりも視聴者を引き留められるかどうかは、やはり脚本に掛かっています。
        おもしろいホン(脚本)なら、チャンネルを合わせた視聴者は見続けてくれるんですよ。
        その点、『恋仲』と『デスノート』は頑張っていますね」
        ( >>2 以降に続きます )

        アサ芸プラス 2015年8月20日 9:59 AM
        http://www.asagei.com/excerpt/41811



        作家、舞阪洸が敬愛するJリーグへ持論展開「これ以上なくわかりにくいシステムにしたことが"潔くない"」

        0
          元ネタ : 【サッカー】ラノベ作家・舞阪洸の視点。「なぜJリーグのスタジアムには○○がないのか?」
          http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440036223/

          失恋レストラソ ★@\(^o^)/[sage] 2015/08/20(木) 11:03:43.62 ID:???*.net
          ▼いまのチャンピオンシップは「潔くない」

          「子供のころ『三菱ダイヤモンドサッカー』を見ていた者としては、長らく日本にプロサッカーリーグがないことを悔しく思っていました。だからJリーグが始まったときは快哉を叫んだものです。
          それ以来、ずっとJリーグを追い掛けています。やはり自分の国のリーグ、自分の街のチームというものは、いいものです。観ていて楽しいです」

          しかしそのJリーグが存亡の危機とあっては、心中穏やかではない。低迷から脱しようともがいた末の2ステージ制にも、舞阪さんはもどかしさを感じている。

          「今年始まった2ステージ制と、それに伴うチャンピオンシップですが、わたしの感想としては『なんという潔くない制度だ!』ですね。
          2ステージ制なのに通年勝ち点を持ち出したり、2位や3位のチームにチャンピオンシップ出場権を与えたりして、これ以上なくわかりにくいシステムにしたことが"潔くない"と思う原因です」

          2ステージ制そのものを否定しているわけではない。その見せ方、工夫が足りないことを嘆いているのだ。

          「2ステージにするなら、もっと潔い、つまり、もっとわかり易いシステムにするべきだろうというのがわたしの主張です。
          今のシステムは、どのチームがチャンピオンシップに出られるのか、条件が細かくなりすぎて、コアなサポーター以外にはさっぱりわかりません。
          2ステージ制にしたのに、年間勝ち点とかを持ち出すからわけのわからないことになるのです。
          今の順位表を見ると、ファンは混乱しますよ。セカンドステージの順位の横にファーストステージの順位と通年順位が並んでいるんですから」

          「2ステージ制なのだから、ステージの勝ち点だけを見せればいいんです。そうしてファーストの1位とセカンドの1位で、プロ野球で言う日本シリーズ(的な試合)をやればいい。
          両期とも同じチームが優勝したら、そのチームが年間チャンピオン。これ以上わかり易いシステムはないでしょう。同様に、ファーストの最下位チームは降格。セカンドの最下位チームも降格。
          残り1チームはファーストとセカンドの16位と17位を混ぜて残留決定戦を行う。
          この場合、両方で18位と17位が、あるいは16位と17位が同じチームだった場合など、幾つかアレンジが必要になりますが、基本的には今よりもずっとわかり易くなります。
          ファーストで最下位になったチームのモチベーションが保てないというなら、セカンド優勝で降格は取り消しになるとでもしておけばいいのです。
          優勝だとハードルが高すぎるのなら、3位以内でもいい。それならファースト最下位のチームでも、セカンドステージは、それこそ死ぬ気で頑張るでしょう。
          あとはステージ2位と3位のチームでACL出場決定戦をやればいい。17試合の短期決戦ですから、それで消化試合は大きく減るはずです」


          続きは>>2-10ぐらい
          ◆J論
          http://j-ron.jp/jron20150819.php
          ◆舞阪百貨店新別館(舞阪洸blog)
          http://maisaka100ka.blog.fc2.com


          続きを読む >>

          | 1/79PAGES | >>